エコノミー症候群はストレッチが有効!?

エコノミー症候群はストレッチが有効!?

もともとは飛行機のエコノミークラスの座席が狭く、その乗客に多く見られることから、エコノミー症候群と呼ばれるようになりましたが、飛行機だけでなく、長時間の車の運転やデスクワークにも共通した症状がみられます。

長時間座っていると、脚の血流が低下することで発症するこの症状は、血流をよくするために水分補給とこまめなストレッチが予防になります。

座席に深く座り、背筋を伸ばして脚を少し上げるのもいいし、また適度に立って少し歩行すること重要です。

関連記事

  1. 交通事故治療費の負担を軽減する制度の自賠責保険

  2. 膝の痛みが生じる原因

  3. 身長に関係がある猫背とO脚

  4. 首痛とはどんな症状なのか

  5. ひどい生理痛は骨盤のゆがみ?

  6. 肩こりの原因の一つは、肩甲骨の柔軟性の無さ