交通事故治療費の負担を軽減する制度の自賠責保険

交通事故治療費の負担を軽減する制度の自賠責保険

国が運営する対人補償制度である自賠責保険(自賠責)とは、交通事故にあい怪我をした場合の交通事故治療に必要となる費用を軽減することで治療費の負担を軽減することができる制度です。

自賠責保険を請求する一般的な形としては、交通事故の被害者が加害者の自動車にかかっている自賠責に請求する形の「被害者請求」と、加害者が加害者自身の自賠責に請求する形の「加害者請求」があります。

自賠責を請求するために必要となる書類には保険金請求書や交通事故証明書などが挙げられます。

 

関連記事

  1. 自賠責保険とは交通事故治療が適用されない場合があるため注意

  2. 身長に関係がある猫背とO脚

  3. なた豆茶とは

  4. エコノミー症候群はストレッチが有効!?

  5. 首痛とはどんな症状なのか

  6. 交通事故によるむちうち